メールの問題

自己紹介の仕方

さて、まず最初に自己紹介をする必要があります。
やりとりを初めてする方へ自己紹介をする場合、その一通で、連絡が来なくなることだってありえます。
プロフィールは気に入られても、連絡がこない、なんて場合もよくあります。
何が必要か。
やはり何より相手への思いやりが必要です。
つまり、相手に合わせることです。
基本的に初心者の方はよくここを勘違いしています。
メールでは、自分をアピールするのじゃありません。
自分を相手の好みに合わせるんです。
ゲイという世界は、通常のノンケ以上に、住み分けがはっきりしています。
そんな中で、自分のことを好きな人間は何パーセントいるかを考えてみましょう。
とても少ない割合になります。
さらに、その中で自分の好みの人間がどのくらいいるかと考えるとさらに少ない割合になります。
それではどうするべきか。
ゲイの中から自分の好みの人間を探し、その人間に合わせた自分になることです。
そうすることが何より、確率高くゲイの中で出会いを求めていく方法です。

相手のプロフィールを読んだ上で、相手がどういう人間を好きなのだろうと分析し、
そして自分はそういう人間だとなりきった上で、自己紹介をしましょう。
気をつけるのはそこだけです。


どのようなメールをするべきかわからない

ビジネスのメールではありません。基本的には自由です。
しかし、相手に会いたいと思わせるようなメールを送ることが必要です。
ゲイ出会い系サイトで何を求めているか。その名の通りゲイの出会いです。
それは、メル友はあまり含まれないものだと思います。
メル友を求めるのならコミュニティサイトで十分です
実際に遊んだり、付き合ったりセックスしたりできる人間を探すのがゲイ出会い系サイトです。
気持ちを高めていくメールを意識するべきです。
ただメールをするだけでは出会いになんてたどりつけません。


おはよう、おやすみ、ただいまなど、決まった内容以外にメールを送れない。

そうすると、きまった内容だけを送るだけでは、出会いに発展しないことは明白です。
でもネタがない…どうするべきか。思い切ってセックスネタをふりましょう。エロいネタは基本的に男は好きです。エロい話をすることで、お互いに裸になりあえます。 腹を割って話すことができます。
腹さえ割れれば、会うことに持っていくことは時間の問題です。
ある程度メールをして仲良くなったら自分からエロいメールをふってみましょう。
ちなみにゲイ親爺は、エロネタ大好きなおじいちゃんなので、ヴィンヴィンになりながら書いています。



TOPページへ戻る